HOME > 省エネコンサルティング > 施設(医療・福祉)の省エネ行動
電気料金の削減方法
電力の使用する時間を把握する
照明や空調管理とこまめな電力カットを徹底

利用者がいない部屋や廊下、共用スペースなどのエリアは、照明の間引きや空調管理などできる範囲で使用電力を削減しましょう。
また、電気の使い過ぎ時に照明・空調の切る"優先順位"をあらかじめ決めておきましょう。
手術や診療中では大型の機器を使用するなど電力使用量が多いため、ピークが出やすい時間帯です。この時間帯は決めておいた優先順位で照明・空調を消すことで、ピークを回避することができます。

スマートメーター エリアのピーク予測やお知らせ機能によって電気の使い過ぎ時には即座に省エネ行動をとっていきます
照明や空調管理とこまめな電力カットを徹底 end 導入事例 潤愛会鮫島病院様

潤愛会鮫島病院様病床数60床・5階建ての病院で、医師8名を含む総勢90名のスタッフが働く鮫島病院。2005年6月から「エコさめしま」という環境活動を推進し、毎月テーマに沿って各部署で具体的な目標を決めて推進しています。開始後2、3年ころから使用電力の削減量が除々に停滞しましたが、2009年4月に「SMARTMETER ERIA」を導入してからは、再び軌道にのり、電気使用量の削減に成功しました。

施設(医療・福祉)の導入事例へ 契約電力24kW下がりました。

トップへ戻る