HOME > 省エネコンサルティング > オフィスの省エネ行動
電気料金の削減方法
従業員全員で省エネ対策
照明や空調管理とこまめな電力カットを徹底

照明や空調をはじめ、PCや事務機器のこまめな電源の入り切りで省エネを実現していきます。
そのためには従業員全員で省エネに取り組むことが必要となります。
各電源をチェックシートで管理したり、使用頻度の低い電気機器をコンセントから抜いて待機電力をカットするなど徹底していきます。
削減できた成果は数字やグラフで可視化し、会社全体で共有していくことが大切です。
また、サーキュレーターや灯油ストーブ、加湿機などを併用したり、クールビズやウォームビズを取り入れることで、無理なく空調利用を抑えることもできます。

スマートメーター エリアを設置することで、自然と省エネ意識が芽生えます
照明や空調管理とこまめな電力カットを徹底 end 導入事例 株式会社サンクレスト様

株式会社サンクレスト様OA/TV用フィルターメーカーとしての実績を元に常に新しい企画と商品開発をしていく株式会社サンクレスト。SMARTMETER ERIAを導入して以降、電気の「見える化」から多くのことを学び、今ではいろいろな場面で「見える化運動」が浸透しています。
SMARTMETER ERIAから「節約すること」「もったいない」を学び、各個人が経費削減を意識するようになりました。

オフィスの導入事例へ 契約電力24kW下がりました。

トップへ戻る