HOME > 省エネコンサルティング > 施設(サービス)の省エネ行動
施設(サービス)の省エネ・節電
時間差で電力を使用する
徹底した照明・空調管理

注意すべきは夕方の看板や外灯が点灯する時間帯。この時間帯は来客数も多く、店内の照明や空調も電力を多く使用していて、ピークが出やすい時間帯になります。
夕方の看板や外灯は必要な箇所から間隔をあけて順番に点灯していき、空調も来客状況に合わせてエリアごとに使用していきましょう。

デマンド閲覧サービスのグラフを分析して、照明・空調管理を徹底 徹底した照明・空調管理 end
導入事例 パチンコビックつばめ 高崎店様

パチンコビックつばめ 高崎店様群馬県高崎市にあるビックつばめ高崎店は、18,666平米の敷地に999台のパチンコ、スロット台が揃う県内最大規模の人気大型店。
グラフを見てみると、注目すべき点を見つけました。「毎日夕方の5時から7時の間にデマンドのピークが訪れます。」これまで決まった時間になると駐車場全体の照明をまとめて一度につけていたものを、時間をずらして点灯することにしました。

施設(サービス)の導入事例へ 契約電力80kW下がりました。

トップへ戻る