HOME > 省エネコンサルティング > 店舗(販売)の省エネ行動
店舗(販売)の省エネ・節電行動
空調・照明管理で省エネ
設備の起動ピークを分散・営業時間外の対策

営業時間内は、照明の間引き、こまめな空調管理など、可能な範囲で電力を抑える工夫をしていきます。
ポイントは開店時の空調・照明の立ち上げの分散と夕方の看板照明・外灯の点灯時間。
また、開店前・開店後の売り場やバックヤード、事務所での電力利用を最小限に抑えることも重要です。
使用する電力を把握し、ピークを分散していきましょう。

スマートメーター エリアを活用して、設備の使用電力・待機電力を確認します
設備の起動ピークを分散・営業時間外の対策 end 導入事例 戸田書店掛川西郷店様

戸田書店様静岡県を中心に全国58店舗を展開する戸田書店。デマンド閲覧システムで電力使用量を確認すると、営業時間外の夜11時にデマンドピーク、膨大な量の電力使用量が計測されていました。原因は月1回入る店内のフローリングワックス業者と判明。自分たちが知りえないところで、夜中に煌々と明かりを点け、フロアに塗装したワックスをすぐに乾かすため、空調の風量を最大にしていました。

店舗の導入事例

トップへ戻る