HOME > 電気料金の削減方法 > 電力使用量の削減

基本料金を下げていく

電気の見える化で省エネ行動

省エネ行動をとるタイミング

高圧受電のお客さまには、電力会社が30分最大需要電力計(デマンド計)の組み込まれた電子式電力量計を取付けてお客さまの電気の最大デマンド・使用量を計測しています。

省エネ行動へ
ムダな使用電力を確認して削減する end
省エネ=収益の関係

ピークカット使っていない電気を消す。一つ一つの効果は小さいかもしれませんが、この省エネ行動を従業員全員で行えば電気料金削減という大きな成果を生み出します。

業務に支障のない範囲で削減できた電気料金は、その分収益アップしたことと同じになります。
電気料金を月5万円削減することができれば、年間で60万円の削減。この金額が収益増加分となります。

省エネ=収益の関係
デマンド値を予測して警報

省エネ=収益という認識を持てば、使っていない電力(電力のムダ)を削減する省エネ意識が自然と芽生えます。「使用電力が見える="電力のムダを見つけ出す"ことができる」スマートメーター エリアを導入することで、従業員の省エネ意識は向上します。

電気料金の算出方法 電気料金の算出方法

SMARTMETER ERIA(スマートメーター エリア)は、リアルタイムの電力情報を「見える化」。電気の使い過ぎを"表情"と"音(警報)でお知らせします。このお知らせの設定は、最大デマンドを超えないための目標値はもちろん、30分ごとのこまかい目標値を設定することができます。
こまかな設定による画面の変化で、省エネ意識は向上します。

さらにSMART CLOCK(スマートクロック)があれば、電力の状況を遠くからでもひと目で確認することができるため、省エネをみんなで共有することができます。

また、この省エネ意識は電気だけに限らず、ガスや水道といった「経費削減」へ波及が期待されます。 多くの導入企業が電気以外の経費削減も実現しています。

電気の見える化で省エネ意識の向上 電力のムダを見つけて改善する
省エネ=収益の関係

空調・照明・それ以外の電気設備から、電力のムダを見つけて改善していきます。
一般的な省エネ行動はおさえていきましょう。

照明の節電方法 ・使っていない場所は消灯する。
・間引きが可能であれば積極的に行う。
・外光を取り入れる。
   
空調の節電方法 ・使っていない場所や不要な時間帯は空調を停止する。
・夏は28℃、冬は19℃など多少厳しく温度設定する。
・フィルターの清掃をこまめに行う。
・室外機周辺の障害物を取り除く。
・扇風機や冷風機とガスや灯油を使用する暖房などを併用する。
   
その他の節電方法 ・長時間席を離れるときは、PCの電源を切るか、スタンバイモードにする。
・使用していない電気機器のプラグをコンセントから抜く。
・看板の点灯・消灯時間を見直す。

省エネ行動は業種ごと、事業場ごと、地域環境によっても異なります。
省エネコンサルティングのページでは、業種ごとの基本的な省エネ行動を説明しています。

電気料金の算出方法
トップへ戻る