HOME > 電気料金の削減方法 > 夏・冬の節電目標達成

電気料金の削減方法

無理のない節電目標の達成へ

政府も推奨するデマンド監視装置

電気料金の算出方法2011年の大震災以降、電力供給不足は顕著に現れ、各電力会社の電力需給がひっ迫することから、政府は全国一律15%の節電目標を発令することになりました。
政府の推進する「節電アクション」の「事業者の節電メニュー チェック」には『デマンド監視装置を導入し、警報発生時に予め決めておいた節電対策を実施する』とあります。
今の時代、省エネにはデマンド監視 =「電気の見える化」が必要不可欠となってきています。

無理のない節電目標の達成へ end
「電気の見える化」で節電目標の達成
スマートメーター エリア デマンド監視サービス スマートクロック 省エネコンサルティングサービス BEMS補助金

節電目標を達成するためには、効果のある明確な省エネ行動が必要になります。
弊社の「電気の見える化・理解る化」システム、省エネコンサルティングを含めた省エネ支援サービスによって、多くのお客さまが無理なく省エネ行動計画を進め、節電目標を達成することができています。

<日本テクノの省エネ支援サービスとは>
  SMARTMETER ERIA(スマートメーター エリア)によって使用電力を把握、画面表示や警報によって適切なタイミングで省エネ行動。
  デマンド閲覧サービスで過去のデータを確認・比較・分析することで、使用電力のムダを見つけて改善策を計画。
  SMART CLOCKによって、事業場全体で情報共有・省エネ行動。
  アフターフォローサービスによって、省エネ活動のPDCAサイクルを継続的に回して改善。

これらの「省エネ支援サービス」によって、御社の電力使用量削減として成果を出していきます。

「電気の見える化」で節電目標の達成 end
トップへ戻る