HOME > 選ばれる理由 > 設備改善も日本テクノ

電気料金の削減方法

電気の見える化で電力使用量削減

設備改善で省エネ

現在お使いの照明や空調はいつ頃導入されたものでしょうか?
古くなった設備を高効率のものに入れ替えると、電力使用量を大幅に削減することができます。
また、夏の暑さ、冬の寒さ対策として"遮熱対策"も有効です。

照明の省エネ< 照明 >
オフィスなどでは使用電力の20%以上が照明に使われていると言われています。
従来の照明から、LED照明または高効率のものに変更することで、施設全体で10%以上の電力使用量を抑制することも可能です。

空調の省エネ< 空調 >
多くの事業場では空調設備のエネルギーが建物全体の30%以上を消費しています(事業場によっては70%を占める場合もあります) 。
10年・15年前の空調からインバーター式やヒートポンプ技術等、高効率のものに変更した場合、電力使用量、CO2ともに60%以上の大幅削減も可能です。

< 開口部遮熱・屋根・躯体断熱 >
窓や壁、屋根から熱の出入りを低減し、冷暖房の負荷を減らす有効な遮熱対策。
遮熱専用の内窓や塗料、シートによって、空調用エネルギーの削減が見込め、電力使用量削減に繋がります。

遮熱をした場合
スマートメーター エリア end

太陽光発電で創エネ

デマンド監視装置の導入件数1位2012年に固定価格買取制度が開始されました。
全量買取制度、各助成金や優遇税制など、優遇価格が保証される初期の段階に導入することで経済的メリットが大きくなります。

ビルや工場、アパートの屋上などに太陽光発電を気軽に設置できるため、企業の太陽光発電システム設置件数は急速に増えています。

デマンド監視装置の導入件数1位日本テクノは、太陽光発電事業の川上から川下までを一貫してご提供するシステムインテグレーター。
計画・設計・系統協議・運用・アフターサービス・電力販売、さらに一連の長期間サポートまで、発電事業の建設・運営に必要なすべての要素をワンストップでご提供いたします。

50kW以上の設備を設置する場合は「保安規程の届け出」と「電気主任技術者の選任」の義務が生じます。
電気保安管理サービスを提供する会社だからこそ、保安・アフターフォローまで一貫して行うことがでます。

太陽光発電で創エネ end
トップへ戻る